出雲・松江2013

2013年7月 7日 (日)

出雲・松江旅行2日目(Part2)

朝食をお腹いっぱい食べても、昼を過ぎるとお腹が空いてきました。チヨが「お肉が食べたい」と言うので、スマホで探したのが、イオン松江店の隣の和牛焼肉店の『さくら亭』です。ランチタイムが15:00(L.O.14:30)までなのがGoodsign01 しかも、第9回 全国和牛能力共進会で優等賞を受賞しているみたいで期待できますhappy01

Img_1709   Img_1715

ボリュームセット1,480円を注文。タン塩、カルビ、モモ、焼き野菜、ライス(大・中・小のなかから選択)、サラダ、スープという内容。
Img_1712
しまね和牛肉「かつべ」のお肉で、さらりと溶ける良質のしぼうが特徴らしいですが、とにかく、3種類の中でタン塩が一番おいしかったですね。

(↓)メニュー
Img_1713  Img_1714

食後のドリンク(+100円)に、アイスカフェラテを飲みましたが、思った以上においしかったです。
満腹になった後は、島根県立美術館に行きました。美術館で展示物を見るのではなく、宍道湖うさぎを見るためです。駐車場は、建物の前にありますが、車のナビは、少し離れただだっぴろい駐車場を差してしたので、そこに行きましたが、失敗と気付いたのは、歩いて遠かったことが分かった時でした。
Img_1716

僕達が宿泊したホテル一畑の方向です。
Img_1718

(↓)宍道湖うさぎ。全部で12羽あります。
Img_1719

(↓)画像では、下から2番目のうさぎを西の方を向いて、なでると幸せになれ、シジミを供えると、さらに効果倍増という噂があります。確かにそのうさぎの周りには、シジミがたくさんあります。
Img_1722  Img_1720

以上で、観光を終了し、家に帰ります。
途中に立ち寄ったのが、大山PA。
Img_1724

大山が見えることを期待して、駐車したのですが、残念ながら見ることができませんでした。※大山・・・標高1,729mの山
Img_1723

帰りも、蒜山(ひるぜん)高原SAに駐車して、休憩。濃厚なソフトクリームを食べて、満足しました。
Img_1725

以上、1泊2日の出雲・松江旅行でした。期間は短いものの、楽しかった旅行です。

|

出雲・松江旅行2日目(Part1)

2日目の朝です。
部屋からの眺望が良いのは、うれしいですね。我が家は眺望重視happy01
Img_1684

昨晩と同じく、1階のレストラン『カメーリア』で朝食を食べました。
朝食は、ビュッフェです。
Img_1687

ビュッフェだと、どうしても取り過ぎてしまいます。しかもここの朝食はおいしいのです。また、海苔、ふりかけ、納豆だけでもご飯が進みます。
Img_1685

フルーツ、デザートも揃っていて、少々食べ過ぎました。
Img_1686

チェックアウトを11時にして、ホテルを後にします。
ホテルから徒歩約3分で、松江しんじ湖温泉駅に到着。電車はなく、結局1度も電車を見ることはできませんでした。駅の右側に、今年4月にオープンした足湯がありました。24時間無料開放らしいhappy01

Img_1691

松江城を見るために、一番近いと思われる駐車場に駐車しました。3時間まで500円でした。
きれいな庭園が広がっています。
Img_1693  Img_1694

松江城が遠くに見えます。
Img_1695

松江城は千鳥城ともいい、全国に現存する12天守閣の1つだそうです。城主は、堀尾忠晴・松平直政だったとのことですが、名前を聞いたこともなく、どういう人かさっぱり分かりません。
Img_1697

せっかくなので、1人登閣料550円を支払って、中に入ります。松江城ゆかりの品を展示しています。甲冑、襖絵、城下町のジオラマ、現存する日本のお城の写真、松江の歴史にまつわる品々でした。入る前は、全く興味なかったのですが、展示品は意外とよかったし、勉強になりました。
(↓)遠くに宍道湖が見えます。
Img_1699

(↓)雲がなければ、画像中央に「大山」が見えます。
Img_1702

(↓)武家屋敷、小泉八雲旧居、小泉八雲記念館の方向です。車で、前を通過したのみです。僕はあまり興味がありませんcoldsweats01
Img_1703

駐車場の近くに、島根県物産観光館があります。駐車場はもちろん無料です。ここでの土産物の品揃えは豊富でした。
Img_1708

|

2013年7月 6日 (土)

出雲・松江旅行1日目(Part4)

ホテル一畑に16時30分頃到着。
駐車場は、ホテル前にあるのですが、満車状態。少し離れた場所に駐車券を発券するタイプの駐車場があります。宿泊者は無料になります。その駐車場に駐車しました。
宍道湖の夕日を見たかったのですが、夕日を見るような天候ではありませんでしたbearing

Img_1690

部屋は、最上階の8階で、思ったより広かったです。加湿空気清浄機が置かれていました。
Wi-Fiが使えるのは、フロントとラウンジのみでしたが、運よく、使うことができました。冷蔵庫に、無料の水(500ml)のペットボトルが1本づつ入っていました。
カードキーは、1枚しか渡されなかったので、フロントで、もう1枚カードキーをもらいました。1枚だと不便ですからね。

Img_1675

窓から1階を見ると、駐車場ときれいな芝生があります。

Img_1677

遠くに、島根県立美術館が見えます。景色は抜群です。
それにしても宍道湖は、想像以上に大きいですね。日本国内で、7番目に面積が広い湖とのことです。

Img_1672  Img_1673

部屋に用意している作務衣。館内は、作務衣とスリッパでOKです。

Img_1676

女性は、フロントで、カラー浴衣の貸し出し(無料)ができます。

Img_1678

1階のレストラン『カメーリア』
作務衣とスリッパでの入店可能です。夕方はたくさんのお客が作務衣で入店していました。

Img_1683

(↓)おしながき
豪華なメニューです。
Img_1679

五種盛り、山菜ちらし鮨から始まって、
Img_1680

白魚柳川風鍋、割子そばなどが出てきました。
Img_1681  Img_1682

シジミ、サザエ、魚介類など、食べたいものが、ここで食べれたので、充分満足しました。

1階の売店は、7時から21時で、お土産の品揃えはなかなかいいと思います。宿泊者には、割引があってもいいような気がしますが、そのような気のきいたクーポンはありませんでしたcoldsweats01
お風呂は、東館6階に展望大浴場があり、男性は「八雲」、女性は「阿国」に入浴します。露天風呂があるような感じのことが記されていましたが、窓が開くだけで、屋根はしっかりあります。ゆっくり浸かって、旅の疲れを癒しました。
館内には、飲物の自動販売機があり、値段は良心的でした。缶ビール300円、缶チューハイ170円、ジュースは、100円~150円。本館8階にも自動販売機があり、ペプシコーラ(500ml)100円を購入して飲みました。お風呂上がりはおいしいです。

1日目終了です。

|

出雲・松江旅行1日目(Part3)

出雲大社を参拝し終わると、すでに12時45分頃で、お腹が空きました。結局、出雲大社に1時間35分ぐらい滞在したことになります。
神楽殿(かぐらでん)から駐車場に向かう途中に、そば処『八雲 東店』がありましたが、素通りして、駐車場の近くにある、『八雲 本店』と『おくに』の2店舗のどちらかで食べることに絞りました。最終的に『おくに』にしました。決め手は、『おくに』には、蕎麦とぜんざいの両方を食べることができる、「縁結びセット」があったからです。
Img_1662 

「おくに」という名前は、歌舞伎の阿国が由来で、その阿国が余生を出雲で過ごされたということらしいです。

Img_1660

(↓)メニュー
Img_1657

(↓)縁結びセット(3種そばとそば玉ぜんざい)1,200円
おみくじが付いています。
Img_1659
おいしくて、つるつるっと頂きました。

(↓)観光センター いづも
駐車場から道を隔てた場所にあります。品揃えは豊富で、お土産を買うならここがお勧めです。また、HPでお食事・お土産品代金10%オフのクーポンがあるので、事前にプリントアウトするのがいいでしょう。
Img_1661

(↓)ウミネコ発見sign01
冬から春にかけて、繁殖で訪れる約5,000羽のウミネコを見ることができるそうです。
Img_1665

(↓)出雲日御碕灯台
石積みの灯台としては、日本一を誇る「世界の歴史的灯台百選」の1つだそうです。灯台内部には、163段のらせん階段があり、灯台上部の展望台へと登ることができるとのことですが、僕達は遠くから眺めただけで終わりました。
Img_1664

(↓)稲佐の浜
出雲大社の西にある海岸。
国護り・国引きの神話で知られる浜で、神在月に800万の神々をお迎えする浜でもあるそうです。周りに人はほとんどなく、浜が少し汚く感じました。
Img_1666

次に行ったのは、一畑薬師(総本山一畑寺)
目のお薬師様として古くから全国的に知られ、1,300段余りの石段(参道)でも有名です。宗派は、禅宗一畑薬師教団の総本山。創開は、894年で、一畑山の麓、日本海の赤浦海中から漁師の与市が引き上げた、薬師如来を御本尊としておまつりしたのが始まりだそうです。
ここに行くまでに少々迷いました。
(↓)薬師本堂
本尊の薬師如来の両脇には、日光菩薩・月光菩薩・十二神将が祀られているとのことです。これらの雰囲気がとてもよかったです。
Img_1671

(↓)観音堂
中国観音霊場第26番札所

Img_1669

(↓)十六羅漢堂
Img_1668

珍しいかどうかは分かりませんが、ペットのお守りを販売しているので、購入しようとしたのですが、残念ながら完売していました。
良いお参りができたような気分で、ここを後にして、宿泊先である、ホテル一畑に行きました。

|

2013年7月 3日 (水)

出雲・松江旅行1日目(Part2)

自宅からSAの休憩も含めて、5時間15分で出雲大社に到着しました。
最初の鳥居である、宇迦橋(うがばし)の大鳥居や神門通りは、歩いてではなく、車で通過して駐車場に駐車しました。駐車料は無料ですhappy01
天候はあいにくの小雨rain

(↓)
木の鳥居
正門となる鳥居です。一礼して鳥居をくぐります。そう言えば、ボランティアの人が写真を撮ってくれました。ありがとうございました。
Img_1636

(↓)祓社(はらいのやしろ)
木の鳥居をくぐって、少し歩くと、右手に祓社が見えます。
心身のけがれをはらい、清めてくれるとのことなので立ち寄りました。
Img_1637

(↓)鉄の鳥居
松の参道が見えます。樹齢400年を超える松並木です。松並木によって3分割された参道の真ん中は神様が通るため、両側の参道を歩くように、とのことですが、真ん中は通れないようになっていました。
Img_1639

(↓)ムスビの御神像
大国主大神が幸魂と奇魂を授かり、縁結びの神になったことを象徴する像です。
同じ格好で、御本殿の方を向くと、パワーが得られる噂があるのですが、他にも観客がいるなかで、同じポーズをとることは、恥ずかしくてできませんでしたcoldsweats01
Img_1641   Img_1640

(↓)御慈愛の御神像
大国主大神がウサギを助ける因幡の白兎の像です。
Img_1642

この後に、手水舎(てみずしゃ)で清浄な水を身を清めたのですが、お清めの作法を間違わないように考えていたため、画像に収めるのを忘れましたcoldsweats02

(↓)銅の鳥居
日本最古の青銅の鳥居で、触れると金運に恵まれるとの噂があるので触りました。
鳥居を抜けた左手に神馬牛像(神様の乗り物とか・・・)があり、馬はお産、牛は勉強に御利益があるそうですが、そのことをすっかり忘れていましたcoldsweats02
Img_1644

(↓)御仮殿
戦後最大の木造建築です。二礼、四拍手、一礼の作法で参拝しました。
手を合わす際も、指の節と節と合わせて、節合わせ(不幸せ)にならないように、右手を少し下にずらすのがいいそうです。
Img_1645

(↓)御守所
久しぶりにおみくじを引きました。僕は中吉、チヨは大吉で、すべてが大吉という訳ではありません。
Img_1646

(↓)御門
平成の大遷宮・本殿遷座祭記念で、御門内を特別に拝礼することができました。6月6日~6月30日までです。ラッキーhappy01

Img_1647 

(↓)遠くから御本殿を見ることができました。
Img_1650

(↓)十九社(じゅうくしゃ)
旧暦の10月に、全国から集まった神々が宿泊する場所で、この期間のみ扉が開くそうです。下の画像は、西十九社で、東側に東十九社があります。ここは、誰も写真を撮らず、素通りしていました。
Img_1651

(↓)神楽殿(がぐらでん)
建物のスケールに合わせた大しめ縄は長さ13m、太さ8m、重さ4.5tもあるそうで、さすがにスケールが大きかったです。なお、しめ縄にお賽銭を投げいれるのはマナー違反だとのことです。
Img_1653  Img_1654

雨が降っていたのは残念でしたが、無事に参拝することができたので、よかったです。

|

2013年6月28日 (金)

出雲・松江旅行1日目(Part1)

先日、出雲・松江に、1泊2日の旅行に行ってきました。少しづつですが、旅行での出来事をブログに掲載しようと思います。

*******************************************

出雲大社では、60年ぶりの「平成の大遷宮」が行われたので、「参拝するならこの時期sign01」というチヨの提案で行くことにしました。チヨも僕も出雲大社は、初体験ということもあり、図書館から何冊もの本を借りて、予習に励みました。また、今回の旅行は1泊2日と期間が短いので、ノープランで時間を無駄にしたくないという気持ちから結構熱心にチヨと考えました・・・とは言え、実際はプランの変更もありましたが、充実した旅行だったと思います。

宿泊場所は、松江・宍道湖(しんじこ)が見えるホテル・・・その中の1つである、ホテル一畑(いちばた)をチヨが見つけて予約してくれました。

そういう訳で、出雲大社に行くなら初日になりました。参拝は、朝の方がいいし、時間を有効に使うためにも、家を朝早く出るしかないと結論付けて、5時半を出発予定にしました。しかし、実際の出発は、5時50分ぐらいになりました。そんなものですcoldsweats01

車に乗り込み、ナビで出雲大社までの経路を調べると、所要時間4時間40分。今までで一番長い車での旅行です。
朝食は、軽くしか食べていないので、途中お腹が空きました。空腹を満たすために、勝央(しょうおう)SAに駐車し、食べようとしたのですが、しっくりくるものがなく、断念。次のSAで食べようということになりました。ドリンクを飲んだだけwine
Img_1635

それから約50分後、次なるSA、蒜山(ひるぜん)高原SAに駐車。

Img_1631

覚悟を決めてここで食べるしかない・・・と思っていましたが、意外と食べたいものがありました。
一番心を惹かれたのは、ひるぜんバーガー(ジャージー牛肉100%使用)460円。しかし、これは朝9時以降の販売ですが、ちょうど9時になったので、食べることができました。チヨは、津山ホルモンカレー680円を食べていました。チヨから「おいしい」という感想を聞いて、チヨが完食しても、僕のひるぜんバーガーは焼き上がりません。15分ぐらい経ってようやく出てきました。

Img_1633

それがこれ(↓)です。牛肉はそれほど分厚くないのですが、牛肉以外にベーコンも入っていて、食べ応えありsign01もちろん牛肉はおいしかったです。意外とパンの生地も気に入りました。

Img_1634

時間はそれなりに待ちましたが、待ったかいがあったと思います。
その後は、出雲大社にまっしぐらrvcar
出雲大社に着いたのは、11時過ぎ。家を出てから、休憩を入れて、約5時間15分のドライブでした。

|