奈良情報・観光

2013年6月24日 (月)

薬師寺

唐招提寺の後に、薬師寺に行きました。薬師寺も唐招提寺と同様に世界遺産リストに登録されているので、この機会に行ってみようと思ったからです。

Img_1532

唐招提寺から薬師寺までは、近いです。車を薬師寺の駐車場に移動。駐車場から薬師寺に行くまでに、休ヶ岡八幡宮(名前は後で知りました)があり、ここも薬師寺の一部かと思ったのですが、どうやら違ったみたいです。
入場料を払って、中に入ります。
入って、正面に見えるのは、金堂(こんどう)。竜宮造りの美しい堂です。

Img_1533

薬師寺は、世界遺産リストに登録されているのと、五重塔があることぐらいの知識しかなく、誰が建てたとか、背景が全く分からないままだったので、見ていてもあまり感じるものがなかったです。それは勉強不足のせいですcoldsweats02

Img_1534  Img_1546

(↓)大講堂。伽藍最大の建造物だそうです。

Img_1536

(↓)東塔は、現在修復中でした。ガックシdespair

Img_1537

一度、門を出て、三蔵法師に縁のある塔に行きました。

Img_1539  Img_1544

あまり、コメントすることがなく、すみませんrun

とにかく、この時点で足が棒になっていました。

|

2013年6月22日 (土)

唐招提寺

先日、奈良の唐招提寺に行ってきました。
毎年6月7日~6月9日の3日間(今年は、鑑真和上1250年御諱のため、特別に5日間の公開だそうです。)に、『国宝 鑑真和上坐像・御影堂障壁画 特別開扉』が公開され、さらに、この3日間が土日を挟むため、メンマも行ける・・・ということで、渋々行くことになりました。
自宅から奈良まで、電車trainを使うと、約2時間かかるところを、車rvcarでなら高速を使って約1時間で行けます。ナビは便利happy01
高速道路&唐招提寺の混雑を避けるため、家を朝7時頃に出発して、現地に8時過ぎに到着。すでに、先客11台がすでに駐車場に駐車していました。駐車料金500円也

Img_1518

(↓)南大門です。
列になって、並んでいました。拝観時間は、8時30分でしたが、5分~10分早く入ることができました。
Img_1500

拝観料は、600円。

Img_1501  Img_1502

久しぶりの唐招提寺です。

Img_1503

前回、行ったときは、金堂が修復中でしたが、今は見ることができます。

(↓)金堂
Img_1525

その後、御影堂に行きます。御影堂の拝観料は500円です。
(↓)右の建物に 鑑真和上坐像がありますが、撮影はこの辺りまでです。
像を見るだけで、苦労、困難、厳しさ、辛さといったものが、僕でも感じられます。
Img_1511

その後、御影堂障壁画を見ました。6つの壁画があるみたいですが、見ることができたのは、確か3つだったような・・・

鑑真和上御廟の近くで、神聖なものを感じました。
Img_1516

久しぶりの唐招提寺でしたが、チヨの解説(力説)もあって、初めは渋々ながらでしたが、行ってよかったと実感しました。

|

2012年11月11日 (日)

第64回 正倉院展

2週間前ほど前になりますが、正倉院展に行ってきました。正倉院展は明日までです。
この日は、平日の昼過ぎで、そんなに観客がいないと思いきや、入るだけで45分待ちでした。でも、実際は、30分ほどで中に入ることができました。
今まで気付かなかったのですが、入場してすぐ左側に講堂があり、そこでは、ボランティアによる今回の見どころの説明があったので、聞きました。時間に指定があり、約30分です。
僕にとっての目玉は、瑠璃杯でした。きれいなブルー色をしていました。
20121031184558478

見終わってから、久しぶりに、五重塔(↓)を見に行きました。
20121031184602395

猿沢池(↓)です。
池には、カメ、メダカ、金魚、エビなどたくさん泳いでおり、少しなごみました。
20121031184612243

季節が良く、たくさんの観光客、シカがいました。
20121031184549516

また、行きたいですね。

|

2010年4月27日 (火)

エッシャー展

先週の金曜日、仕事帰りに奈良県立美術館で、現在展示中のM.C.エッシャー展を観に行きました。
平日は17時までですが、金曜日は21時まで開いています。
入館料は900円

1_9

エッシャーの絵は、トロンプ・ルイユ(だまし絵)と言われています。
僕は小さい頃からエッシャーの絵が好きです。
入館後、音声ガイド(500円)を借りました。

1

一番好きな絵は、無限に循環する『』です。

どこまで昇っても階上にたどり着けないループ状の階段『上昇と下降』や黒い鳥たちが飛ぶ昼間の田園風景と白い鳥たちが飛ぶ夜の風景がいつしか溶け合う『昼と夜』など、見ごたえのある絵ばかりでしたね。

とてもよかったので、本(1,575円)を購入しました。

2

これで好きなときに、エッシャーの絵を見ることができますhappy01

| | コメント (0)

2010年4月24日 (土)

奈良香

今日からメイン会場である奈良・平城宮跡で平城遷都1300年祭が始まりました。
1300年祭が盛り上がることを期待します。

1_11

************************************************

近鉄大和西大寺駅構内に昨年9月にオープンしたショッピングモール『Time's Place Saidaiji(タイムズ プレイス サイダイジ)があるのですが、平城遷都1300年祭の平城宮跡会場のイベント時期に合わせ、奈良銘菓や話題のお菓子を集積したセレクトショップ奈良香(ならか)が今月16日にオープンしました。

1_10

期間限定(11月末まで)なので、お土産の際に立ち寄るには、いいですね。

| | コメント (0)

2010年4月11日 (日)

道の駅・宇陀路大宇陀

先日、奈良・宇陀市にある、道の駅・宇陀路大宇陀に車で立ち寄りました。

2_2

昼の12時過ぎに到着。
45台収容の駐車場が満車で、順番待ちしてようやく駐車できました。

1_4

今回のお目当ては、奈良・宇陀市の名物きみごろも(5個入り)577円。
松月堂のきみごろもが有名なのですが、その日はお店の定休日である水曜日。
もしかしたら、道の駅にあるのでは・・・と思い、インターネットpcで確認したところ、きみごろもがあることが分かりました。

しかし、道の駅で販売しているきみごろもは、松月堂ではなく、志を乃屋
レジの人に聞いてみると、きみごろもを製造しているお店がいくつかあり、過去に松月堂で働いた人達のお店であり、松月堂と味はあまり変わらないとのご意見が聞けました。
それならば・・・、ということで購入しました。

1_3

見た目は厚揚げですね。
メレンゲをタマゴの黄身の衣で包んでいます。
ふわふわで、形がくずれそうです。
新たな食感で、少しとまどいましたがおいしかったです。
原材料は、鶏卵、白双糖、寒天との表示がありました。
宇陀市に行ったときは、またきみごろもを購入したいと思います。

道の駅の敷地内にある足湯です。

3   4

この日は、少し寒かったので、足をお湯に浸すととても温かくて気持ちがよかったですhappy01
足湯があるのはうれしいですね。

■道の駅・宇陀路大宇陀
奈良県宇陀市大宇陀区捨生714-1
0745-83-0051

| | コメント (0)

2010年4月10日 (土)

又兵衛桜

先日、奈良県宇陀市に車で行きました。
宇陀市の桜cherryblossomで有名なのは、又兵衛桜です。今回、初訪問confident

宇陀市のHPでの説明によると・・・
樹齢300年とも言われるシダレザクラ。
この地に伝わる戦国武将「後藤又兵衛」の伝説と、この桜が後藤家の屋敷跡にあることから「又兵衛桜」と呼ばれている

とのことです。
樹高13m、幹周り3m超。

あいにくの雨rain模様にもかかわらず、それなりの人が桜を見に行ってました。
駐車場は、いくつかありましたが、すべて有料(500円)です。観光バスも何台か駐車していました。
(↓)遠くに見える1本の大きな桜が又兵衛桜です。

1_6

近寄ってみると・・・・・
桜が少なく、桜の色も薄くなっています。
先週末が見頃のピークだったみたいです。
観光バスで遠方(静岡)から来ている人もいましたが、ガッカリでしょうね。僕もガッカリcoldsweats02

2_4

観光案内所や売店がありました。

3_3  4_3

小腹が空いたので、こんにゃく120円を食べました。

5_2

満開の又兵衛桜を見ることができず、残念でした。

| | コメント (0)

2010年1月22日 (金)

なら瑠璃絵

近鉄奈良駅構内に『しあわせ回廊 なら瑠璃絵』のリーフレットが置かれていました。

1

しあわせ回廊 なら瑠璃絵
瑠璃色の光の道がしあわせへと誘う
2010年2月11日(祝)~14日(日)
点灯時間17:00~21:00

冬の奈良公園の魅力をアップし、観光客の誘致を図ろうと春日大社、東大寺、興福寺を幻想的な「光の回廊」でつなぎ、美しく神秘的な瑠璃絵の世界に皆様を誘います
とのことです。
毎年8月に行われる「なら燈花会」は、ろうろくの光であるのに対し、瑠璃絵は主にLEDの青い光だそうです。

その期間にあわせて、春日大社、東大寺、興福寺で夜間の特別拝観を実施(17:00~20:30)するそうです。
拝観料は通常料金と同じみたいです。

是非この機会に行ってみようと思います。

| | コメント (0)

2009年12月 2日 (水)

まほろば会議

先月27日(11月27日)、奈良県文化会館前の広場にたくさんの人で賑わっていました。
その日の数日前から「まほろば会議」と記されたのぼりがたくさん立てられていたのを見ていたのですが、まほろば会議とは一体。
ホームページによると・・・
各地商工会議所青年部の指導的役割を担う会長、次期会長予定者、および担当事務局を対象に、地域経済を担うリーダーとしての資質の向上と意識の高揚を図るとともに、青年部の当面する課題等について意見交換を行い、青年部組織の活性化と一層の充実に資する
とのことです。
とにかく、奈良県文化会館前の広場に出店が集まっています。食べ物屋、お土産屋、大和野菜の販売店などなど

1

その催しを見たのが、ランチタイムだったので、そこで食べることにしました。
買ったのは、大和茶麺500円、めはり寿司&黒米おにぎり300円(↓)
出店専用の座席はなく、共通で座れるスペースがあったので、そちらに移動して食べましたdelicious

2

大和茶麺の味は普通で、これで500円は少々高いかなと感じました。
黒米おにぎりは、まあまあおいしいです。
今までに黒米は何度か食べているので、新鮮さはありませんでした。
めはり寿司はかなりおいしかったですhappy01 久々のヒット

めはり寿司について少々紹介すると・・・
十津川・熊野地方で山仕事の時の携行食として考えられた郷土料理で、食べるとき、口だけでなく目まで張って食べる大きさであったことと目を張るほどおいしいという意味
だとのことです。

とにかく、おいしいダシが寿司にしみ込んでいてGoodsign01でした。
一緒に行った仕事仲間もめはり寿司&黒米おにぎりを買って食べていましたが、とてもおいしいことを言っていました。
そのためか、めはり寿司を奥さんと子供のために持ち帰り用として購入していました。
また、大和骨付鳥500円も買って食べていました。
骨が少しついていたみたいです。
おいしかったけど、値段の割には量が少ないことの感想を述べていました。

3

食べた後もその辺りを見ていたところ、金魚すくいがありました。
奈良市の隣の大和郡山市は金魚の産地だからねconfident

4

金魚すくいはしませんでしたが、そこで販売していたお土産金魚のたまごのパッケージに目をとられてついつい買ってしまいました。500円也

5  6

中にカスタードが入ったまんじゅうですが、ごくごく普通のものでした coldsweats01

| | コメント (0)

2009年11月 1日 (日)

第61回 正倉院展

2日前、第61回 正倉院展(11月12日まで)を見に行くために、奈良国立博物館に行きました。
金、土、日曜日及び祝日は、夜の7時までで、それ以外の日は夜6時までなので、金曜日を選びました。

夜の5時20分頃に到着。
(↓)遠くから見ると、人の行列が見えます。

1

入場者数が多いため、入場制限しているのかと思ったのですが、どうやら違ったみたいです。
オータムレイトチケットを購入するために人が並んでいたみたいです。

オータムレイトチケットは、閉館の1時間30分前以降に販売する当日券(販売は奈良国立博物館の当日券売場のみで販売)であり、当日券1,000円のところが700円になるチケットとのことでした。

2

今回、印象深かったのは、
紫檀木画槽琵琶(したんもくがそうのびわ)
平螺鈿背円鏡(へいらでんはいのえんきょう)
金銀花盤(きんぎんのかばん)
の3つでした。

どれもこれもきれいで、よく大昔にこんな繊細な色、形などを作成することができたと感心するばかりです。

大勢の人がいましたが、オータムレイトチケットを購入できる時間より少し早く入場したので、混雑を避けて見ることができたと思っています。

(↓)奈良国立博物館の敷地内になる茶店(?)で、購入した焼き団子300円です。
あまみそたれ、みたらしたれのどちらかが選べます。
小腹が空いたときに食べるときには良いですね。

3  みたらしたれ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧