名古屋・箱根・小田原2010

2010年6月29日 (火)

名古屋・箱根・小田原旅行4日目(Part2)

小田原駅に到着。
小田原提灯(ちょうちん)がぶら下がっています。

314

北條早雲公像
小田原駅西口ロータリーにあります。
荒馬にまたがる早雲の周りには角に松明をつけた牛の像が・・・
大森氏を夜襲した際、牛の角に松明を付け大軍に見せかけたという、「火牛の計」を題材にしている

とのことです。

315

小田原城天守閣
難攻不落といわれた小田原城で、江戸末期の天守閣を再現した小田原のシンボルです。
内部には歴史資料や武具や刀剣の資料などが展示されています。
入館料大人400円。

316

天守閣の前に動物園が・・・お猿がいます。
昨年は、象がいたみたいです。

317

天守閣4階の展望室からの眺めです。
晴れたsun日には房総半島や伊豆大島を一望できるとのことですが、あいにくの雨rain

318  319

天守閣の見学後は、小田原駅に戻ります。
その途中にこども遊園地という施設がありましたが、閑散としていましたcoldsweats01

報徳二宮神社
農村の復興に力を注いだ小田原出身の偉人・二宮尊徳を奉る。
財政再建と学問成就の神社として進行を集めている

とのことです。

320  321

有名なところだとは思いますが、人が少なかったですね。

322

藤棚(御感の藤)
その昔、大正天皇を感嘆させたことから、その名がついた御感の藤。
高さ2.7m、樹齢100年から200年の古木から垂れ下がる花房は1mあまり

とのことです。
とてもきれいです。

323

北條氏政・氏照の墓所

324

最後は、小田原駅に直結してる小田原ラスカに寄りました。
和菓子、菜の花月のうさぎを購入。
大きな栗が丸ごと1つ入った栗まんじゅう200円。

そして、新幹線で食べる弁当の購入。
東華軒(とうかけん)炙り金目鯛と小鯵の押し寿司1,300円。

325  326

とてもおいしかったです。

あっという間の3泊4日の旅行でした。
名古屋・箱根・小田原旅行記は終了です。         

| | コメント (0)

2010年6月28日 (月)

名古屋・箱根・小田原旅行4日目(Part1)

4日目(最終日)の朝です。
この日は曇りcloud
天気予報によると雨rainが降ります。

301  304

(↓)バーデ棟2階にあるリラクゼーションルームに行きます。
マッサージチェア、リラクゼーションマシーンを完備。
外を眺めていたら、雨が降り始めました。

305  306

(↓)スポーツ棟2階にあるゴルフ練習場
30ヤードの屋内ドライビングレンジでは、ティーチングプロによるゴルフレッスンが行われています。

307

(↓)バーデ棟1階にあるバーデゾーン
水着着用で楽しめる温泉水を使用した各種スパ、サウナ、25mスイミングプール(帽子着用)を完備。
ストレッチなどのレッスンも開催されています。
思った以上に楽しかったです。

310  311

(↓)ヒルトンの部屋の廊下から小田原を撮りましたcamera

313

名残惜しいのですが、お昼過ぎにヒルトン小田原を出ました。
送迎バスで根府側駅まで送迎してもらいました。

| | コメント (0)

2010年6月24日 (木)

名古屋・箱根・小田原旅行3日目(Part2)

昼からは、ヒルトンの敷地内にあるパターゴルフコースでチヨと競い合います。
1人18ホール1,050円。
人が少なくて、ほとんど貸切状態でした。

211

途中、強風typhoonが吹き荒れました。

212

なかなか楽しいパターゴルフでしたが、暑かったです。
ちなみにチヨに勝ちましたscissors

この日の晩ご飯もまた、食べ過ぎて満腹coldsweats01

213

(↓)本館棟2階にあるライブラリーカフェ

214

4,000冊の蔵書を揃えた本格的なライブラリーで、読書、CD、DVDの視聴、高速インターネットを使うこともできます。

215

(↓)本館棟1階にあるヒルトンショップ
小田原の名産品やホテルのロゴアイテム、ホテルメイドのベーカリーやグルメアイテム、飲み物、雑誌などが取り揃えられています。

216

(↓)左側が部屋に置かれていたヒルトン限定の「花さや香」。
1個200円ぐらいで、箱根まんじゅうのような味。
もうひとつは神奈川県指定銘菓である正栄堂曽我せんべい
1つ150円ぐらい。
第17回全国菓子博覧会無鑑査賞を受領しているとのことですが、いたって普通の味でした。

218

(↓)コインランドリーが3階にあります。

219      

洗濯機が3台、1回100円。
乾燥機が2台、40分100円。
洗剤は置かれています(無料)

今回、ヒルトン小田原には2泊しかしませんでしたが、とても楽しかったです。
長期間滞在してもきっと楽しいでしょうね。

3日目終了です。

| | コメント (2)

2010年6月23日 (水)

名古屋・箱根・小田原旅行3日目(Part1)

3日目の朝です。

(↓)部屋からの景色。

201  202

この日の天気は良好sunです。

203

朝食は、昨晩と同じ本館棟1階のブラッセリーフローラでとりました。

204

朝もバイキングです。

205

朝から豪華な食事です。

206

(↓)ロビー付近

207

散歩で森林浴。
ヒルトン小田原の敷地内はとても広いので、散歩コースが3コース用意されています。
各県の植物などが植えられています。
日差しはきついのですが、たくさんの木々が太陽を遮ってくれるので、散歩道を約1時間涼しく歩くことができました。

208  209

小鳥達のさえずりもあり、よかったですね。
(↓)見晴らし台と呼ばれる場所

210      

奥に見えるのは小田原です。

| | コメント (0)

2010年6月18日 (金)

名古屋・箱根・小田原旅行2日目(Part6)

彫刻の森美術館を立ち去り、彫刻の森駅に戻ります。
彫刻の森駅から箱根登山電車に乗って、箱根の玄関口である箱根湯本駅に向かいます。
残念なことに電車は超満員shock
約40分間の身動きとれない立ちっぱなしの状態は苦痛でした。

(↓)箱根湯本駅付近です。
商店街にはたくさんのお土産屋があり、人で賑わっていました。

146

小腹が空いたので買って食べたのは、まんじゅう屋、菜の花の「箱根のお月さま」1個100円。
皮はしっとりした黒糖で、あつあつのこしあんはおいしかったです。
箱根まんじゅうは、試食でいただきましたが、甘さ控えめの餡がまんじゅうの中によく詰まっていて、これもまたおいしかったです。

箱根湯本駅から小田急線に乗り、小田原駅に。
小田原駅でJR東海道本線に乗換え、根府川駅に到着。

ヒルトン小田原リゾート&スパの最寄り駅の根府川駅です。無人駅gawk
まわりは閑散としています。
送迎バスが来るのを待ちます。
送迎バスから降りるお客が多く、逆に乗り込むお客は僕達のほかには数名。
どうやら前日まで、宿泊客が多かったみたいです。
この日は宿泊客が少なかったようですhappy01

147

送迎バスでヒルトンに到着。
広~い敷地です。

1472 ヒルトン

(↓)11階の部屋からの眺め

148  149

特に何かがある訳ではありませんが、見晴らしはGoodです。

150

晩ご飯は、本館棟1階にあるブラッセリーフローラでバイキングです。
この下の階には、アミューズメント施設があります。 
ボーリング場、カラオケルーム、ゲームセンター、ダーツ、ビリヤードが完備しています。

151 ブラッセリーフローラ

おいしそうなものが並んでいます。
バイキングは、おいしいものがたくさん食べれるので好きですが、食べ過ぎてしまいますね。
お寿司とローストビーフが特に気に入りました。

152  153

また、デザート&フルーツもたくさん取り揃えています。

154

大浴場に行くには、(↓)この通路を渡ります。
全国(各県)の祭りの絵が飾られています。

220

大浴場の入り口の横に飾られている絵で、チヨが気に入った絵です。

309

○天然温泉大浴場
内風呂のほか露天風呂、サウナ、水風呂があります。
6:00~24:00
スリッパ、バスローブで行けるのがいいですね。

308

疲れた身体をリフレッシュしました。

2日目終了です。

| | コメント (0)

2010年6月17日 (木)

名古屋・箱根・小田原旅行2日目(Part5)

彫刻の森駅から徒歩5分。
彫刻の森美術館に到着。
チヨが行きたがっていた場所です。
この日は雨rainが降らなかったので、ラッキーでした。
まずは、コインロッカーに荷物を預けて、入場。
入場券はすでに購入済み。

131

入場して、係員がおせんべいを配っていたので、いただきました。
彫刻の森美術館のネーム入りです。

132

この美術館には、キッズエリアがたくさんあります。
のどかな感じのところですね。

133  134

(↓)勢塊
高さ3m、長さ4.6mの巨大な牛の像です。迫力ある~wink

135

敷地は広いです。
1周するにも結構な時間がかかります。

136  137

(↓)ピカソ館
20世紀巨匠ピカソの多彩な作品が公開しています。

138

(↓)ギャラリーカフェで休憩。

139 アイスカフェラテ450円

(↓)美術館の敷地内から湧き出る温泉足場「ほっとふっと」があります。
65℃の温度。
オリジナル足場タオルは、100円での販売です。

140

人気があるので、人が空くのを並んで待ちました。
少し熱い湯でしたが、すっきりして、足が軽くなりました。

(↓)幸せを呼ぶシンフォニー彫刻(塔)です。

141

らせん状の階段を上ります。
ステンドグラスがとてもきれいです。

142

彫刻塔からの景色です。

143

(↓)カバンを持ったミズ・ブックパワー?

144

とても見ごたえのある場所でした。
堪能しました。

145

彫刻の森美術館では、2時間40分滞在しました。            

| | コメント (0)

2010年6月15日 (火)

名古屋・箱根・小田原旅行2日目(Part4)

桃源台から箱根ロープウェイ(全長約4km)に乗ります。
昨年、世界で最も乗車された(201万人)ロープウェイとしてギネス世界記録に認定された
そうです。

121  奥が桃源台

富士山の絶景ポイントです。
美しい富士山fujiが顔をのぞかせています。

122

標高1,044mの大涌谷駅に到着。
先ほどの人影の少なかった桃源台駅とは対照的にたくさんの人がいました。
食べる場所は多いものの、ここでは静かに食べれないでしょうね。

白煙があがり、硫黄のにおいが立ち込めます。
約3,000年前の火山最後の爆発によってできた神山火口の爆裂跡で、独特の景観から箱根屈指の観光スポットに数えられている
とのことです。

123

硫黄の匂いがプンプンします。

124

伝統的な名物といえば、黒玉子茶屋で作られる「黒タマゴ」。
その黒タマゴを求めて、黒玉子茶屋まで歩いて行きます。
徒歩約15分で到着。上りの階段で足が痛いcoldsweats02
暑くて汗が出てきました。

125   126

特有の酸性熱泥でゆでた黒タマゴは、1個食べると7年、2個で14年も寿命が延びるなどとの言い伝えがあるそうです。
でも黒タマゴをそんなに食べられないので、1個を買いたいのですが、残念ながら、5個500円での販売です。
消費期限は翌日となっていました。
少し前に昼食を取ったので、お腹がいっぱいだったのと、汗をかくほどの暑さの上に熱~い黒タマゴに食欲は全く沸きませんでした。
結局、宿泊ホテルで食べることになりました。
黒タマゴに塩が付いていたので、塩をふって食べましたが、味は普通でした。

127

目立たないところにポツンと延命地蔵が祭られていたので、お参りして、その場を立ち去りました。

128

早雲山駅からは、箱根登山ケーブルカーで移動です。
ロープウェイでは、人が少なかったので、貸切り状態だったのですが、ケーブルカー内は人でいっぱいです。
1時間に3本しかないためでもありますが、とても窮屈でした。

129

強羅駅に到着。
ここで、箱根登山電車に乗換えですが、待ち時間が15分。
連絡が悪すぎますangry

(↓)箱根登山電車
日本唯一の山岳登山鉄道として1世紀以上の歴史を重ねる箱根登山電車。
途中3ヶ所でスイッチバックを行います。

130

次に向かうのは、彫刻の森美術館です。 

| | コメント (0)

2010年6月14日 (月)

名古屋・箱根・小田原旅行2日目(Part3)

元箱根港に到着。
ここから海賊船に乗ります。

海賊船は、バーサ号、ロワイヤル号、ビクトリー号の3隻が運航しています。
もちろん船の構造は違います。
いずれの船も17~18世紀にかけて活躍した欧州の帆船戦艦が再現されており、凝った作りの内装と広い船内が自慢だ
そうです。

115

(↓)箱根神社の朱色の鳥居。
箱根を代表する景観ですね。

116

桃源台に到着。
乗船時間約30分の旅でした。
僕達の逆方向に進む観光客の多かったこと。

117

朝からパン2個しか食べていなかったので、お腹が空いてきました。桃源台ビューレストランで、昼食にします。

チヨは桜海老天そば(由比産桜海老使用)900円、僕は、横浜ウォーカーに掲載されたというとれたて卵(御殿場鶏)のオムライス1,100円をオーダーsign01
箱根フリーパスで、代金が5%オフになります。

118  119

オムライスはふわふわのたまごがおいしかったです。

120   

朝の11時前ということもあって、このレストランのお客の入りが少なかったです。
ここからは箱根ロープウェイに乗って移動です。

| | コメント (0)

2010年6月11日 (金)

名古屋・箱根・小田原旅行2日目(Part2)

元箱根港から歩いて、約10分で箱根神社に到着。
ぶらぶらと景色を見ながら歩いたので、10分も歩いたようには感じません。

107

芦ノ湖に建つ平和鳥居が有名な箱根神社です。
(↓)このまま、まっすぐ進み、階段を上ります。
思ったより急な階段でした。

108

(↓)御本殿に到着。
神聖な感じの神社です。
この旅がうまくいきますようにsign01

109  110

(↓)芦ノ湖の九頭龍伝説を今に伝える湖畔の九頭龍神社です。
縁結びで有名です。

111

この後、ツツジで有名な山のホテルに歩いて移動。
徒歩約5分で到着。

(↓)山のホテル
2010年4月24日リニューアルオープン。
箱根一のツツジの名所(30種3,000株)で、開花時期は4月下旬から5月下旬。

112

(↓)この時期、ツツジが咲いているはずなのに、見ての通り、咲いていませんでした。
咲いていたらさぞかしきれいだったのに・・・残念です。
画像の中央にうっすらと富士山fujiが見えました。

113

残念な気分でトボトボと歩いて、元箱根港に戻りました。
山のホテルからシャトルバスが出ていて、箱根フリーパスがあれば無料で乗れるのですが、メンマの勘違いで、シャトルバスを逃したからですcoldsweats02

歩いている途中、芦ノ湖を移動している海賊船を見ました。

114    

この後、海賊船に乗って、桃源台まで移動です。

| | コメント (0)

2010年6月10日 (木)

名古屋・箱根・小田原旅行2日目(Part1)

2日目の朝は、5時起床shock 早っ
というのも、JR名古屋駅6時20分発の新幹線bullettrainに乗るためです。
この日は、5月5日。
もちろん、僕達と同様にたくさんの観光客が箱根に行くと踏んで、少しでも混雑を回避するため、早く出発した訳です。

名古屋を早く出発したものの、目的地のJR三島駅までの直通ではありませんでした。
途中、静岡駅で新幹線の乗り換えがあり、しかも、24分もあったので、待合室で待機。
待合室には売店があり、うなぎパイを購入するかどうか少し迷いましたが、荷物になることで断念coldsweats01 そういやスタバがありました。
この日は、曇りcloudのため、新幹線から富士山fujiは見ることができませんでした。残念bearing

JR三島駅に到着。
バスへの乗り継ぎに7分しかありません。
出口には北口と南口の2箇所がありますが、南口出口から出て、5番のりばの東海バスに乗ります。
今回(東京行き)の場合、新幹線を降りて、北口出口は近くにありましたが、南口出口は反対ホームに回りこまないといけなかったので、少々慌てながらもバスに乗り込むことができました。
事前に箱根フリーパスを購入して正解でした。
三島駅→箱根→小田原駅までのバス、ロープウェイ、ケーブルカーなどすべての移動に使える、2日間3,900円のフリーパスです。

101

JR三島駅前 → 元箱根港まで、東海バスbusで移動。
朝8時15分発のバスに乗り込みましたが、ほとんど人がいませんでした。
早く出発して正解だったようです。
元箱根港まで41停留所があります。
バスに乗っている途中、あまりいい景色がなかったので、停留所は三嶋神社、山中城跡、接待茶屋ぐらいしか覚えていません。
接待茶屋というナゾの停留所で人が降りていましたが、辺りは何もなさそうです。
とにかく、到着予定時間の3分遅れで、元箱根港に到着。

102

(↓)大きな鳥居がありました。

103

(↓)芦ノ湖
箱根火山のカルデラの中にできた周囲約20kmの細長い形をしています。

芦ノ湖で魚が釣れるのでしょうね。
釣人がそこそこいました。

105  106

箱根神社に向かいます。

| | コメント (0)